• Projects
  • 「綿いっぱい運動」とは?

Event Report

「綿いっぱい運動」とは?

井原で育てた「綿花(めんか)」を使ってデニム生地を作り、
市内の小学校へ新しく入学する1年生に「ハートフルデニムバッグ」をプレゼントするプロジェクト。

井原にお住まいの方や、井原高校の生徒さんたちにご協力いただきながら
デニム生地の原料となる「綿花」を育てています。
そこで収穫した「コットンボール」を集めて工場へ送り、
紡績、染色、織布の工程を経てやっと「デニム生地」が出来上がります。

そうして出来上がったデニム生地を使って、
井原高校被服科の生徒さんや、ボランティアの方に手伝っていただきながら
1つずつトートバッグを作っています。

地元のたくさんの人の手で作られる、この「ハートフルデニムバッグ」を使ってもらうことで、
井原に昔からあるデニム産業のことや、ものづくりの楽しさを、
新しい世代の子どもたちに少しでも伝えることが出来たらと思い活動しています。


▼「綿いっぱい運動」の流れ

5月〜6月
「種まき」
7月〜8月
「開花」
9月〜11月
「収穫」
4月〜9月
「綿くり、紡績、製織」
11月〜1月中旬
「縫製」
1月末
「新1年生へ配布」

「綿いっぱい運動」にご協力いただける方を随時募集しております。
ご興味のある方は、井原デニムストアまでご連絡ください。

2018.03.21
  • Projects
  • 商品化コンテスト

Event Report

『井原デニム商品化コンテスト2017』の表彰式が本日行われました! 受賞者のうち4名の方が表彰式へご出席くださり、 表彰状と賞金の授与と、専門家の先生による作品の講評などを行いました。 予定が合わず表彰式へ参加できない受賞者の方もいらっしゃいましたが、 みなさん井原デニムを使った素晴らしい作品を、このコンテストのために作っていただきました。 今回、コンテストにご応募いただいた方々にも、心よりお礼申し上げます。 製作者の想いとこだわりが詰まった今回の受賞作品は、 井原駅2階にありますミュージアム内に展示しております。 この機会にみなさまもぜひ足を運んでご覧ください。

2018.02.21
  • Projects
  • 商品化コンテスト

Event Report

皆さん、こんばんは! 9月末よりスタートしておりました、『井原デニム商品化コンテスト2017』 11月下旬に、一次審査会を行い20点のデザイン画を選出いたしました。 そして、本日、実物製作による最終審査会を行いました。 今年はどの作品もレベルが高く、圧倒されるものばかりでしたが 厳選なる審査の結果・・・ 以下の通り各賞が決定いたしました。 ☆最優秀賞(井原市長賞) 【Denim School Bag】 吉村 久瑠美さん(岡山県) こちらの作品、ランドセルに取り外し可能な手提げバッグがジョイントされており 完成度も市場性も非常に高く、「是非、商品化を!」との声が上がっていました。 〇優秀賞(井原被服協同組合理事長賞) 【かわいいデニムヤーンニット】 大城 佑弥さん(福岡県) 〇優秀賞(備中織物構造改善工業組合理事長賞) 【デニム×学生鞄】 横田 美帆さん(岡山県) 〇優秀賞(井原商工会議所会頭賞) 【ベストなStyle】 奥田涼子さん(大阪府) 〇優秀賞(井原デニムストア賞) 【Origin regression】 原島 絵美さん(東京都) *審査員特別賞 【3wayバッグ】 河田 早智さん(岡山県) 以上の作品が、各賞受賞された作品です。 ※各賞受賞者の方々には、受賞作品発表会並びに授賞式のご案内をお送りさせていただきます。 この度は、みなさまのご応募、誠にありがとうございました。 関係者一同心よりお礼申し上げます。      

2018.01.29